県内の民間選挙監視団体の男性

menu

沖縄県警に告発状を提出した「県内の民間選挙監視団体の男性」の独白

沖縄の新聞は一切報道しておりませんが、志村恵一郎氏、翁長雄志氏両氏は公選法の「戸別訪問の禁止」に違反しているとして告発されています。

案件は大きな問題をはらんでいます

選挙期間中においては影響が出ることを考慮し公開をしませんでしたが

選挙が終了したので取材で得た資料を公開します。

沖縄の新聞は一切報道しておりませんが、志村恵一郎氏、翁長雄志氏両氏は

公選法の「戸別訪問の禁止」に違反しているとして告発されています。

先日(選挙期間中)NHK沖縄放送局の幹部から電話が入りました。

「君は当放送局が流した映像を公選法違反の証拠として書いたことで

ネット上ではそのような書き込みが増えている。

当方としては公選法に抵触しないと判断をして放送した。

よって君の書いたことをそのように修正してくれないか。」

私は答えました。

「NHKがそう判断されたのであれば、それはそれでいいと思います、

しかしどう判断するかは受け手側に委ねられているのではないでしょうか?

当然ですが問題はないと思う視聴者もいれば問題ありと思う視聴者もいる、

発信側の判断基準を受け手側に押し付けることは圧力ですよ。

またネット住民の判断まで私がコントロールは出来ません、

そもそもこれは違法かどうかはあなた方や私が決めることではなく

警察が判断することです。どうしますか? 私は書いてもいいですよ」

と返すと

「上の者と相談してから電話する」と言ったきり返信はありません。

連絡するといって無しのつぶてです。

よって公開させていただきます。

今回の案件は大きな問題をはらんでいます。

公選法に抵触するかしないかを判断するのはNHKではありません。

警察です。もし告発が正式に受理され捜査が開始され、

被告発人だけでなく同行した某自称ジャーナリスト氏などにも事情聴取が行われ、

公選法違反と判断された場合、NHK沖縄放送局は公選法違反を違反ではないと

勝手に解釈して報道を行い地上波で県民に広く流布させたという

放送倫理に抵触する重大なミスを犯したことになります。

今回の案件は当事者の公選法違反だけでなく、

NHKの放送倫理にまで影響を及ぼしかねないものに発展しそうです。